夢占い>理論編

占い以前に自分の直感力を信じる

もしかすると、当サイトの夢占いは内容が漠然とし過ぎており、いまいち具体性に欠けるものと疑問に思っている方も少なくないと思います。こちらとしては具体的に書いているつもりですが、不足に思う部分があるのであれば、自分自身の直感力を信じて行動を起こしましょう。終始受け身になって、すべての判断を占い等に頼り切る姿勢はいけません。そもそも、厳密に占おうとすると、年齢や性別、職業、生活環境によって解釈は大…

夢占い>理論編

こんな日の朝は夢占いをすぐに行わない

その日の体調により比較的浅い眠りが続き、普段にも増して多くの夢を見る日があります。夢の内容には連続性はありませんから、吉夢なのか悪夢なのか困惑する事でしょう。基本的には一番最後に見た夢を基準に判断するのがベストですが、その最後の夢のストーリー自体がどこからどこまでなのか分かりかねる場合もあります。また、多忙な日々や精神的に大きな負担がかかっている状態が続くと、現実世界での混乱と困惑の影響から…

夢占い>理論編

こんな場合は夢占いを行わない

夢と言うものは本当に唐突で突拍子もなく、前後関係と脈絡のない短編映画集を見ているようなものです。これにより、望むと望まざるとに関わらず、著しく不快に感じる夢を見る事が多々あります。人間は眠ることで記憶を整理して脳の最適化を図っています。しかし、記憶を整理する過程で、過去の嫌な出来事に起因する情報に触れるのは避けがたいものです。その程度ならまだしも、禁忌に触れる驚愕の内容であった場合は、あえて…

夢占い>理論編

品物に関する夢の場合

夢の中では、何気ない日用品から、普段の日常生活では見かける機会の少ないものまでと、大小さまざまな品物が夢のシンボルとして登場して来ます。当然、夢主の着ている服や身に付けているものまで含まれます。夢の中の品物は、夢主の願望や欲望を象徴するもので、逆夢的な暗示の可能性に警戒する必要があります。以前、お金を引き合いに出した例え話をしましたが、品物のシンボルは、それで夢主が非現実的な至福感を得たら逆…

夢占い>理論編

環境に関する夢の場合

場所や季節、天候、時間帯などの環境的なものは、現状における、夢主の現実世界での基礎的な運勢の状態を象徴します。これら夢のシンボルが逆夢的に暗示される事はありません。良い印象を覚えたのであれば運気の好転期、悪い感じがしたなら停滞期を表す場合がほとんどです。神々しい朝日の光が吉兆と言われるように、感じた印象をそのままの意味として解釈して行きます。その上で、夢の中で出会った人々や出来事などから全体…

夢占い>理論編

動物に関する夢の場合

夢の中の人物は、夢主の内面に起因する問題や可能性を暗示している場合がほとんどですが、動物の場合、夢主と外部との関係性、会社や学校での人間関係に関する暗示が多くなります。このため、学生なら学業運、社会人なら仕事運と強く直結、最終的に金運も関わって来ます。出現頻度として、犬や猫などの小動物が一番高く、次に、小鳥や身近な野鳥、げっ歯類やウサギ等の順になると思います。これら動物は、夢主の所属する集団…

夢占い>理論編

人物に関する夢の場合

夢の中に登場して来る人物は、夢占いの診断を行う際に要となる要素、シンボルです。夢主の人間関係の根本原理を象徴するもので、多くは、過去から現在までに出会った人物が登場して来ます。ただし、人物が現れただけでは診断材料としては使えません。その人物の行動や行為が注目ポイントとなります。夢の中に現れる人物と言うのは、夢主自身の投影の結果でもあります。その際に夢主自身が感じた心の状態、相手に抱いた感情が…

夢占い>理論編

夢占いの診断で大切な点

夢占いを行う際、何かを見たら願いが叶うだとか注意と言った風に、夢のシンボルばかりに頼った診断がされがちです。実際、夢占いに興味のある人のほとんどが、朝の通勤通学時に「そういえば今朝、こんな夢を見たな」と思い返し、スマホを片手に日頃から関心のある夢占いのサイトで調べ「ふ~ん、そうなんだ」と納得していることでしょう。その方がある意味で楽ですし、純粋かつ気軽に占いを楽しめると言えるでしょう。しかし…

夢占い>理論編

霊夢の場合に進むべき運命の道

人は一生のうち、数え切れないほどの夢を就寝中に見ます。あまり夢を見ないと言う方も、単に記憶に残らないでいるだけに過ぎません。そんな無数ある夢の中で、生涯を通じて数回は「霊夢」と言う特別な夢と遭遇します。霊感体質の方ですと、その頻度は高くなりますが、どんな人も数回は必ず見ているはずです。多くは、人生のターニングポイントで出現するもので、夢主と所以のあった親類縁者やご先祖様などの守護霊からメッセ…

夢占い>理論編

夢のシンボルから運命の選択肢が提示される

最適とされる睡眠時間には個人差と言うものがあり、人により多少増減しますので一概には言えませんが、おおむね、人生の三分の一は睡眠のために時間を費やすことになると言われています。決して、侮ることはできませんし、無駄にすることもできません。睡眠中に得た情報を何らかの形で活かさないともったいない気がします。睡眠は単に体を休めるだけが目的ではありません。就寝中は一定の間隔で、脳で記憶の整理・整頓の作業…

このサイトは糖質OFF惚気0%知的クールなつもりで運営している(・-・。)